かわいい我が庭のアジサイは…

ヤマアジサイ「シチダンカ 富士の滝」

ガクアジサイ「隅田の花火」

ハイドランジア

カシワバアジサイ「スノーフレーク」

「アナベル」

の、5品種です。

2013年06月16日

もはや「梅雨」ではない。


酷暑と豪雨が入れ替わり立ち代りやってくる日々。

もはや、私たちが知っている「梅雨」ではないですね。

雨がしとしと、ジトッとはするけれど
「水」がダイスキなアジサイ達が喜びそうな風情…

ないですね。
我庭の柏葉アジサイ。

↓↓↓↓↓


カシワバアジサイ悲惨.JPG

スコールのような雨にノックダウン。

こうなることを見越してある程度、
(3〜4つくらいの)花首を切り戻しておいたんですが

ダメでした。べちょんと路面にくっついてしまいました。

しかし乍らこのカシワバアジサイ
本当によくへしゃげます
もう少し育ち方考えろよ!と、いいたくなる

何でしたっけ、
井伏鱒二の短編小説「山椒魚」(さんしょううお)は
岩屋から出られなくなってしまった山椒魚を描いてましたが
育ちすぎて、花首が重すぎ!のカシワバアジサイもちょっと同類?

一般に、支柱を立てて形を整えるようと
指南書にもよく記述されていますが

それもどうかと思います…






ラベル:ガーデニング
posted by アジサイで趣味の園芸 at 14:29| アジサイの育て方 カシワバアジサイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。