かわいい我が庭のアジサイは…

ヤマアジサイ「シチダンカ 富士の滝」

ガクアジサイ「隅田の花火」

ハイドランジア

カシワバアジサイ「スノーフレーク」

「アナベル」

の、5品種です。

2016年07月02日

アジサイはやっぱりこれ、かなぁ…




アジサイの季節も間もなく終わり。
次の花芽のことを考えると
梅雨明けには花を切り戻すことに。

ガクアジサイは強い雨のせいで
花が萎れてしまうのが早いし
アナベルはこれまた雨が強すぎてポキポキ折れるし
カシワバアジサイも花が地面につくくらい
へしゃげてしまう。

  • 20160702153403467.jpg


やっぱり、スタンダードな手毬花の
コレが一番!かな〜






posted by アジサイで趣味の園芸 at 15:34| アジサイの育て方 ハイドランジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

アナベルの挿し木。






雨で倒伏し、折れてしまったアナベル。

枝を挿し木したら…

アナベル挿し木.jpg

早々に新芽が出ました。

これは、軒下の鉢植えで育ててみようかな。








posted by アジサイで趣味の園芸 at 20:00| アジサイの育て方 アナベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

白アジサイ〖アナベル〗が梅雨入りに露呈する〖倒伏〗




これはプロアマ問わず、園芸家の皆さん
共通の悩みかもしれませんね。

アナベルがどう〜しても、倒伏する。
アジサイなのに雨が苦手(・・?

  • 20160607205012174.jpg


それも、
雨に耐えて…
雨に耐えて…
雨に耐えて…
だめ〜倒れる!…というような倒れ方ではなく

白い花になって最初の雨がちょっとキツかったりすると
もう一発でダウン!倒伏!てな倒れ方。

麻紐やテグスを茎に絡ませて株を一周させて締める(結ぶ)くらいしか
方法がなさそう。

太い幹に育てあげる方法もなさそう。
最近出た?〖インクレディボール〗という品種が




「アナベル」の改良品種。白から次第に緑みを帯びる。
「アナベル」より樹高が高く、茎は太くて花房が大きい。
日向での栽培に向き、雨にも強い。

…という触れ込みで興味が結構わきますが、

育てている方に聞いてみると
「ひまわりのようなアナベル」だそうで、
ちょっと繊細さに欠けるというか、
それなら「白いハイドランジア」のほうがいいじゃん!と思ってしまう。

事実、ご近所にはこんな素敵な…
白いハイドランジアが!

20160607194430167.jpg

ブログを書きながら考えましたが、
倒れてこないように、周りをオタフクナンテンくらいの
低木で囲んでしまうのは、どうかな(・・?







posted by アジサイで趣味の園芸 at 19:46| アジサイの育て方 アナベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

ヤマアジサイ〖富士の滝〗気をつけることは一つだけ。




ヤマアジサイ〖富士の滝〗

  • 20160524162605240.jpg


なんて趣深い…

7年間、植替えることもなく、
大き目のスリット鉢で
今年も花を咲かせてくれました。

注意点は、水やりのみ。
剪定もアバウトですし、
肥料も気遣い無し。半年ごとに
置き肥しているくらいです。






posted by アジサイで趣味の園芸 at 16:26| アジサイの育て方 ヤマアジサイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

この時期、アジサイに忘れちゃいけないこと。




6月のアジサイたち。
近頃の梅雨らしからぬ猛烈な雨で
ポキポキと花苗が折れてしまうのがツラいですが
残った花はまぁ良い感じ…

アナベル アメリカイワナンテン.jpg

で、花に見とれてて(?)
忘れがちなのが、肥料をやること。

6月〜梅雨明けくらいまでは
アジサイに液体肥料をほどこしてやるのが
よいかと。

花後と、休眠の終わりごろ2月が
基本的に施肥の適期ですが、

花後の施肥は、花芽分化を充実させるため
即効性の高い液肥にしたほうが良いようです。
(アナベルは意味が違いますね、即効性は不要かと)







posted by アジサイで趣味の園芸 at 21:23| アジサイの育て方 アナベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

アジサイの葉の色が黄色く色あせる原因を数点ピックアップしてみた。






くるくる変わるニッポンの気候下でのガーデニング、
なかなかついていくのも大変あせあせ(飛び散る汗)
あっとゆうまに梅雨=アジサイの季節が
やってきました。

我が庭のアジサイなんですが
鉢植えのハイドランジアは、
毎年のようにこうなります。
↓↓↓↓↓

アジサイ葉が色あせる.jpg


アジサイの葉が黄色くなる原因を
様々、サイトで調べると…
1.根詰まり⇒⇒⇒葉っぱが黄色っぽく元気がなくなる。
2.水のやり過ぎ⇒⇒⇒鉄分やマンガンなど微量要素と呼ばれるものが欠乏。
           鉢植えの場合は液肥などを使用し栄養状態を改善。
3.ハダニ⇒⇒⇒いれば追い払う。

あと、西日は禁物!
私は以前ハイドランジアを西日によくあたる場所において、
葉をボロボロにしてしまったことがあります…







posted by アジサイで趣味の園芸 at 21:32| アジサイの育て方 ハイドランジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

アジサイの5月




5月のアジサイは大事な時期!
宿根草やバラなどの開花に気を取られていると、
いつの間にか花芽を膨らませて
もう梅雨の開花準備万端状態なのであります。

20150517アジサイ.jpg

この時期はとにかく水遣りをしっかり!ということ
葉がしっかり茂ったアジサイの鉢などは
まとまった雨でも意外と鉢土にしっかり水がかかっていないことも。

1日油断すると
葉がヘナヘナになってしまうのです。










posted by アジサイで趣味の園芸 at 13:34| アジサイ一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

今年もアナベルが奏でる「Shabby Chic」




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

年末の寒さの中で
アジサイ「アナベル」が、
今年もいい感じの枯れ具合です。


IMG_20141229_141702.JPG

アジサイの育て方も、種類によって
各々ビミョーに違う中で
アナベルが、こうやって花を残しやすいです。
枯れ姿フェチ?の方には最高!






posted by アジサイで趣味の園芸 at 16:24| アジサイの育て方 アナベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

挿し木アジサイの、夏越し。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

我が庭のアジサイ「アナベル」

春先に剪定した時
剪定した枝を3本の挿し木にしましたが、
結果…成功したのは

rblog-20140830145711-00.jpg

3本のうち1本!
確率低っ!

新葉が伸びてきてるでしょ。

まあ、1本でも成功したのだから
良しとしますか…

この夏の酷暑と大雨
半日陰の軒下で育てたとしても
小さな挿し木の植物には大変な環境ですよね…

そんな中で
マニュアルにあるような丁寧さで
管理できてなかったからかも知れない。

私のやり方は…
ポッドに赤玉小粒を仕込んで挿して
乾かないようにバーミキュライトで
マルチング。

半日陰において、
水やりはマメに。

この挿し木の方法
多少は成功しますから、
ものぐさな方には
オススメですよん。

この小さな鉢、植え替えは休眠期、
葉を落としてからにしよう。





posted by アジサイで趣味の園芸 at 22:03| アジサイの育て方 アナベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

花を残す。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

頭を垂れすぎた花房の3分の1くらいを
切り戻し

残りは枯れ姿もまたよし、と
そのままを楽しむ日々

カシワバアジサイの8月。

花の少ない夏だから、これがいいんじゃないかと思いますが
如何?


rblog-20140824163810-00.jpg










posted by アジサイで趣味の園芸 at 17:27| アジサイの育て方 カシワバアジサイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。